こんにちは土屋(正)です!

ケガをしたり病気になった時、体では炎症が起きます

その炎症反応は身体を自然治癒させるのには絶対に必要な生体反応です。

現代人はこの炎症反応を必要以上に長引かせてしまい、

ケガや風邪が長引いたり

慢性疼痛になったり

膝に水が溜まったり

と慢性の炎症になってしまいす。

改善する方法はいくつか考えられますが、脂肪分(脂質)の摂り方で

改善される事が分子整合医学で注目されています。

オメガ3:オメガ6=1:1

が理想と言います。

オメガ3は炎症や痛みを抑制するのに働き、亜麻仁油・青魚・アボカド・ナッツ類に多く含まれ

オメガ6は炎症の促進に働き、肉類・卵類・植物性油脂に多く含まれます。

現代人の摂取の割合は

オメガ3:オメガ6=1:50とも言われていて、

この割合の崩れが多くの病気を引き起こしていると言ってもいいそうです。

脂質は皆一緒だと思ってましたが、気を付ける事で

色々な病気が予防できると聞き驚きました。