最近、五十肩の患者さんが多いので、もう一度復習します。
肩は肩甲骨・上腕骨・鎖骨で構成され、そのまわりを関節包という袋がありクッションの代わりをしてくれます。
五十肩になると筋と骨を腱板 骨と骨を繋ぐ靭帯などに炎症がおこります。
炎症をおこすとクッションも弾力を失い炎症をおこし、その痛みなどで肩関節の可動域は低下し、かたまっていきます。

次回は院での治療方針を書きます。
お大事にどうぞ!

Author Profile

院長 土屋