始めに触診と可動域検査をします。
症状によって、変わりまが、先ずは温熱とマッサージ効果を出す干渉波をします。
次に運動療法は少し痛みをともないますが、必ず行います。 最後は患者さんに合わせ、超音波治療で痛みを軽減させていきます。 1ヶ月に10°可動域アップを目標に皆様頑張っています。
お悩みの方、是非一度いらして下さい。
お大事にどうぞ!

Author Profile

院長 土屋