最近ぎっくり腰で来院される患者さんが多いです。
季節の変り目のこの時期は特に多いと言われます。
ぎっくり腰はドイツでは「魔女の一撃」とも言われる、急性腰痛症の事です。

自宅などで起こった場合、腰への負担を減らす為横になり安静にするのが一番です、
腰部での捻挫なので、アイシングや固定としてのコルセットもすると治りが早いです。

この時期から適切な処置・物理療法を開始するとより回復が早く、繰り返しにくくなります。

急性腰痛症の際は一度当院に問合せ下さい。

20131017-234651.jpg