こんにちは、石田です。

プロ野球がやっとやっと開幕し嬉しいです!
やっぱりスポーツがないのは寂しい感じがします。

少年野球も始まり、また子供たちが野球を楽しめる日が来てとても嬉しく思います。

今回は少年野球でも痛めることがある野球肘について書きたいと思います。

野球肘とは
肘の内側、外側、後ろに投球をすると痛みが出る事を言います。

病名でわけるなら
内側:上腕骨内側上顆障害(リトルリーグ肘)、上腕骨内側上顆裂離、内側側副靭帯損傷など

外側:離断性骨軟骨炎など

後ろ:肘頭疲労骨折など

ありますが、この他にもまだあります。

野球肘にならない為にチェックして
欲しいのは、

・投球時に痛みがあるか?
・最初は痛いけど投げていると痛みが消える
・肘が伸びない、曲がらない
・肘の内側に押すと痛い所がある

ひとつでも当てはまるなら野球肘になりかけてる、なっている可能性があります。

土屋鍼灸整骨院では野球選手の治療にも力を入れていますので、ご相談、治療に来て頂ければと思います。

 

十日市場駅すぐ
健康保険  交通事故  労災取り扱い

土屋鍼灸整骨院

〒226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町805-1 佐藤ビル401
電話番号:045-500-9769